Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文章メモまとめ。2012年10月〜2013年2月

たまには更新更新!

ついったの文章メモまとめ。
自分で書いたのに覚えてないの多いな・・・。


***

1.わたしはとうとう、機械のからだを手にいれた。あこがれのコンピュータの一部になれたのだ。
  ポスターを丸めて袋に入れる内職でコツコツ貯めたお金で。
  集積回路から遠くはなれた四つネジの右から二番目がわたしである。素晴らしい…!
  わたしの隣のネジは、無口で、元人間ではないらしい。

2.機械の体を手に入れたいと願ったわたしは、ある朝一本のネジになっていました。
  かみさまはわたしの価値をそう判断したのでしょう。わたしは大いに喜びました。
  1000本入398円のケースに入りホームセンターの片隅に置かれたわたしは、喋ることもできず、ひっそりと身を横たえています。


※2つは違う時期に書いてたみたい。
 機械の体を手に入れたいと、わりと本気で思っているから、
 その気持ちが強くなった時にこうゆう文章メモをしているみたい。


**

レーザーで視力を取り戻した女の子が透視までできるようになってなにもかも透けすぎちゃってなにも見えない光の世界で過ごすよ。みたいな。


**

世界の端のもっと遠く、はじまりの地と呼ばれる場所には、3つのまちがありました。
光の生まれるまち、闇の生まれるまち、風のはじまるまち。
風のはじまるまちで作った風は、誕生のまちで生まれた光と闇を乗せて世界に運びます。


**

わたあめ農家のおっちゃんは収穫したわたあめを鉄のおっきい機械にどんどん入れる。
ゴオオウと機械は低い音を立てて、わたあめはフワフワの綿とトロリとした飴に分けられてゆく。
おっちゃんはバケツに溜められたばかりの飴を柄杓で掬ってお椀に分けてくれる。
精製したての飴は水のように…ようするに、わたあめ食べたい。


**

とまりぎのあるまち。の文章メモがみつからない。たしか、家には必ず止まり木を立てていて、渡り鳥が止まり木から生まれて、おかあさん止まり木に毎年帰ってきて、最後は止まり木に止まりながら羽ばたいてお家を全部持っていっちゃう話だったと思う。


**

1.不死の病を患った少女は、誰よりも死を恐れていました。
  彼女の美貌を愛した兄は、不死をもたらすとされた花の根を妹にあたえ彼女を不治の病へと誘い、自身はその花の棘を心臓に刺して死にました。
  慈愛に満ちた母も父も老いて死に、立派なお屋敷には少女と機械人形が残されました。

2.美しい少女のまま時を止めた彼女は、自分の醜さを呪っていました。
  花は枯れるから美しいのだとうたった絵師は少女の初恋の相手で、けれども絵師のカンバスにはいつだって、咲き誇る花と共に少女の母親の顔がありました。

3.少女は枯れゆく花を呪い、兄を呪い、絵師を呪い、やがて屋敷は憎悪で満たされました。
  少女は絶望の淵に死を切望し、それでも身体は生を渇望します。
  病はやはり不治なのでした。
  まるで多重人格のような欲望に少女は打ち勝つすべを持たず、そうして世界は迷わず時を刻みます。


**

1.ママの用意する朝ごはん。
  ストーブの前に陣取るシャム猫の背中で焼いた目玉焼きと、ジャンガリアンハムスターがほお袋であっためたナッツを少々。

2.キッチンの奥のプランタからにょきにょき生えた生姜をひとポキして、生姜ミルクをこしらえるママ。
  「女の子なんだから、からだを冷やしちゃだめよ」


**

おひつじ座はじぶんの毛を紡いで毛糸玉をつくりました。
うお座からもらった小骨の編み棒ではら巻きを編んで大好きなおうし座にプレゼントしました。


※星座をつなげて、いつか星座の本を作ろうと思っているのです。
※ちなみに、星座モチーフのお話は、牡羊座(モフモフのひつじの毛からおさとうの国のお姫さまへ)と双子座(月の子〜ふたご座星の乙女〜)の2つしかまだ書いていません。


**

モノトーンのまちを歩く
ヘッドフォンのあの子。

紅の色彩を纏って紡がれる音は
触れる場所を花に変えて
螺旋をとおって響く
遠い国の記号みたいなそれを僕は
神託と呼んだ。

赤い翼が放り投げた先に
奇蹟のありやなしや。

きっとそれはまた、別のはなしに繋がるのだろう。


※これは豆本の「ぞうさんチャンネル2」に掲載したね。


***
こうやってたまにまとめて載せておかないと、存在をすっかり忘れてしまうのです。
この欠片みたいなのが、そのうち物語になるかも。ならないかも。
スポンサーサイト

Appendix

くまっこにっき?

ここは前まで「クマザサ秘密通路」っていうブログだったんだけど、くまっこちゃんが乗っ取りました!
なので、くまっこが日々の恥ずかしいあれやこれやどれやをちまちま載せていく日記になったんだ。
物語とかイラストとか日記とかケーキとか載せていくから、仲良くしてね。

熊についてだよ。

くまっこ

Author:くまっこ
イラストレーターと見せかけて、ただのラクガキ熊。
楽譜の裏と100円ボールペンがお仕事道具。
72色入り298円のクレヨンが宝物。
(よく数えてみたら71色しかなかった。※同じ色が2本入ってた)

くまっこあるばむ。

いまこんなかんじ。

ついったなう。

お手紙ほしいよ!

名前:
メール:
件名:
本文:

ちがうところ。

こんなの聴いてる。

来てくれてありがと。

見てくれてありがと。

現在の閲覧者数:

ブログの中を検索!

友達になれるみたい。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。