Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文章メモまとめ。2013年2月〜2013年9月

タトホンとコミティアにむけて、なにか作れたらいいなとゆう希望的に、ついったでメモってる文章メモと夢メモをまとめてみるのです。


***

 ぼくのまちには、妖怪がいる。
 小学2年生のときに都会のアパートから郊外の一軒家に引っ越してきたぼくは、喘息持ちで体育の授業を休みがちのひ弱な子供だった。
 家は古びた木造の平屋で、母が夜の仕事で稼いだ貯金で買ったものだ。
 このまちは都会に比べれば空気がきれいで、医療支援が充実していて、母が、ぼくの療養のためにここを選んだことは明らかだった。
「もう若くないからね」
 そう言って当時まだ30前だった母は小高い丘の上にある大きな病院の食堂で働きはじめたけれど、本当は都会で小さなお店を持つのが夢で、そのためにお金を貯めていたことを、ぼくは知っていた。

 ぼくが妖怪を見つけたのは、引っ越してきてすぐのことだった。
 家の引き渡しも終わって誰もいないはずの家の中に、かわいいおかっぱ頭の女の子が佇んでいたのだ。女の子はにこにこと・・・


※妖怪のお話しを書きたい。でもたぶん、妖怪というよりは妖(あやかし)のお話しになりそうな。


**


 わたしはまだ、竜の歌を歌った頃のまま涙を枯らせないでいる。
 あの空き地に夕日は3日分しか置いておけないのに、また日が暮れてしまう。
 ボールの様な白い夕日がまた一つ、気づかぬうちに消えてしまう。
 草の陰から、黒いお化けが黒い牙を剥いている。
 さあ川に飛び込めとその暗闇は言うのだ。


 黒いお化けは羽がないから空に還れないと言う。
 暗闇の羽を毟ったのは天使だ。だから草の影に宿っている。
 夕日を捨てに行くのも暗闇の仕事で、わたしは小さな頃からこのお化けを知っていた。
 暗闇は天には還れない。天使にはなれない。
 それはもう決められていることで。決められていることで。


※なぜか二日にわたって書いてあったメモ。


**

 白のシャツと黒のシャツを一緒に洗ったらシロクロの猫が出てきた。
 灰色猫にならなくてしょんぼりした。
 シロクロの眼は青くてそれは柔軟剤の色だ。
 乾燥機に入れたらフカフカになりすぎて風にふかれて黒い空に溶けていった。
 すこしだけ悲しかった。
 洗濯機に注がれる水の音が宵闇に響いている。


**

 縦縞の猫を探す女の子のおはなし。


***
ここからは夢メモ。見た夢をたまにメモっているです。


**

 自慢のイケメン兄(実在ではない)が、実は上級生のパシリでしかもその上級生がゲイで、毎日お別れのチューをされててノーマルの兄が泣きそうな顔をしつつ、されるがままになっているのを偶然見てしまった妹(わたし)。


**

 夢のなかの空がゴオオンゴウウンと音をたてて赤紫色に染まり晴天から暴風雨の嵐。
 濁流のみずたまりを這うように越えた思い出の家で彼は部屋を片付け続ける。
「引っ越すの?」
「そうだよ。」
「一緒に眠りたい。」
「人として僕は君を嵐の夜に晒さないけれど、この部屋には一歩も入らないでくれ。」
「うんごめんね…。」


※好きなひとの夢だった。とても正直なひとなのでその言葉はまっすぐに突き刺さるのです。

**

 眼球の手術を受ける。子供のころ負った傷を取り除くのだという。
 傷は右目だけについているはずなのに両目とも。
 瞼にだけ麻酔をされて、メスで二重に切られる。
 この国では、眼球には住所を刻むことになっている。
 眼球には麻酔してないけど、痛くないからねと言われる。

 眼球にレーザーで住所を刻む。
 痛くはないけれど、チリチリ、ピリピリと疼く感じがする。
「あっ、先生、私そういえば引っ越すんです!  新しい住所を刻んでもらわないと…」
「もう途中まで入れちゃったよ」
「まだ間に合いますか?」
「新しい住所は?」
「確認できないのでうろ覚えですが…」

 眼球の手術を終える。
 ついでに赤い宝石でできた複眼を入れてもらった。
 早朝の手術。このまま会社に行ってもいいらしい。
 視力が少しずつ回復して辺りがあかるく見える。
 二重瞼はまだぱっちりとしていない。

 引きこもりの弟に会う。てむずさんに似てる。
 今回の手術は、弟が手配してくれたらしい。
 弟は、あまり言葉を発しないのに、カリスマ的な魅力があって人気者。
 聞くと、相手に心を伝えることができるから、言葉はいらないと言う。
「お姉ちゃんにもできるよ。やり方を忘れてしまっているだけ」
 額をコツンとぶつけあうと、弟の言葉が頭に流れ込んできて、わたしは心を奪われる。

 母親が病気と知らされる。
 治療をすると、70%くらいのひとが治ると言われて、よいのかわるいのか複雑な気分。
 かなしい。
 それを本人に話すかみんなで悩む。


※現実世界では弟はいません、よ。
 右目に傷があるのはほんとう。
 子供の頃は右目だけ視力がわるかったけど、いまは両方とも同じくらいに落ちてます。


**

 私は魚と一緒に暮らしている。
 部屋は水に満たされている。
 一緒に暮らしてた魚は、一部が擬人化していて、大半の小魚たちはそのままの姿で部屋のなかを泳いでいた。
 仲良しだったのはカジキマグロさんとタコさん、名前もわからない魚さん。
 最後は海に帰ることになって、わたしは、またぼっちになるのは嫌だよと思いながら「しかたないね」と送り出す。
 名残惜しくてなかなか出て行かない魚たち。
 カジキマグロが「誰も行かないなら俺が先に行く」と、カジキマグロの姿に戻って海に帰っていった。
 明るい満月の海。
 朝まで時間はあるし…と、タコと名前を知らない魚は最後までいてくれようとする。
 小魚たちは、潮が大きく引くのと同時に、海に出てゆく。


**

 2階くらいの高さから、父親がわたしの元に楽しそうに冗談のように飛び降りてきて、嫌な音がして頭から血が流れて、わたしは救急車を呼ぶけれど近くの救急車が全部出払っていて時間がかかると電話口で言われて「お願いします!死んでほしくないんです!」って救急車が早く来るのを願ってる。


**

 16才くらいの女の子が二人、続き間の部屋で客を迎える準備をしている。
 客は50代以上の男性が大勢。団体で2回に分けて「視察」に来る。
 女の子はそれぞれ「お世話」をしなくちゃいけない。失敗しないように、慎重に。
 客は「先生」と呼ばれる館の主人(どうやら医者らしい)に会いにくる。

 館を「視察」する客は、本当は女の子たちを視察している。
 気に入れば女の子は買われるのかもしれない。
 客をおもてなしする6人くらいの「おばさん」たちが、今回の客について品定めしている。
 下品なおしゃべり。
 女の子二人は、おばさんに目をつけられないように、黙々と働く。

 女の子のひとりが、客に毒を盛っていた。遅効性の毒を少量ずつ。
 「先生」に気付かれないように、慎重に。
 おばさんたちに「どんくさいわね!」と言われて、気付かれていないかドキリとする。
 大丈夫みたいだ。
 小さな鍵が床に落ちている。視察が終わって客が帰る。おばさんたちはまた客の陰口。

 明るい実をつける植物を、女の子は大切に育てている。
 それは大切な女の子の植物なのに、いつの間にか明るい実は、電球にすり替えられていた。
 丁寧に一つ一つの実に水をあげる女の子。
 でもそれは電球で、いぶかしく思うけど植物と信じていたくて。
 でもその植物に女の子は手を触れてしまう。
 触るとそれはとても熱かった。悲しかった。

 館の「電気」が少しずつ消えていく。
 ひとつずつ、静かに消えていく。
 外から入る月明かりと、小さな電球の明かりだけになって、気付くと「先生」が倒れていた。
 少しだけ動けるようだけど言葉は発しない。
 女の子は先生にも毒を盛っていたのかもしれない。
 おばさんたちは倒れた先生を見て、「いやだわ、いきましょ」と言い合って、連れ立って館を出てゆく。
 もうひとりの女の子が「早くわたしたちも逃げましょう」と女の子に言う。
 女の子は「鍵がないの、大切な鍵」と言って、薄暗がりを手探りで探している。
 もうひとりの子が落ちていた鍵を拾う。
「鍵ってこれ?」
 女の子に差し出すと
「違う。わっかのついた鍵。それはもう必要ない」
 と言って、間つづきの隣の部屋に探しにいく。
 拾った鍵は足枷の鍵だった。
 たしかにもう足枷は外れていた。
 もうひとりの子は、早く出て行かなきゃと焦って「わっかのついた鍵」を手探りで探す。

 もうひとりの子が「わっかのついた鍵」を見つけて、女の子に「あったよ!」と近づく。
 女の子は椅子にのぼって背伸びしてカーテンレールの上を探していた。
「これでしょ! この鍵でしょ! もう行こう? ねえ、あやちゃん! あやちゃん!」
 女の子に必死に呼びかける。暗がりの館はとても怖かった。
「あった!」
 女の子もカーテンレールの上にわっかのついた鍵を見つけた。
 椅子からおりて、鍵を見せあう。
「あったね」
「あったね」
 二人で喜ぶ。
「じゃあ早く行こ?」
 もうひとりの子はすごく焦っていた。
 おばさんたちが館に火をつけるかもしれない。なぜかそう思った。
 二人は一緒に駆け出した。


**

 鶏夫婦に襲われる夢をみた。
 鶏夫婦は、足が早かった。
 鶏夫は、フクロウを従えていた。
 フクロウがたくさん向かってきて、フワフワだった。
 よく見たら雛がいた。
 家族を守っていたらしい。


***

 こんな感じで、毎日夢を見ています。
 毎日はメモっていないけど、たまに気が向いたらメモっています。よ。


***

 そゆえば、先日のイベントレポートに、拍手コメントをたくさんいただきましたのです。
 うれしいです。
 まとめてコメントのお返しをしたいので、ちょっと待っていて下さいませー。
 たぶんブログ記事で、お返事しますです。


スポンサーサイト

本の杜おつかれさまでした、と、思うことなど。

本の杜4、台風で大雨の朝でしたが、無事に終わりましたー。
とてもたのしかったです!

お相手して下さったみなさま、お買い上げ頂いたみなさま、ありがとうございました。


また今回もお財布の中に電車賃しかないという状態だったけれども(イベント前っていつもおかねおろすの忘れるの)、おかげさまで、当日の売上金にて同人誌を10冊以上(数えてないけどいっぱい買った)と、帰りに寄った「よつばとダンボー展」にて、ダンボーパーカーとダンボーぬいぐるみ(ダンボーなのにやわらかい!)などなどのダンボーグッズをお買い上げいたしまして、ほくほく顏で帰りましたのでした!!


***
本の杜は、規模が小さいイベントなだけに、来るひとはみんなディープな本好きさんなのか、じっくり選んでもらえるみたいで、他の大きいイベントとそれほど変わらぬ売り上げがあるとゆう不思議なイベントです。

スタッフさんが足りていないのか、他の参加者さんの感想を見ると不満も出ているみたいですけれども、熊は特に不満はありませんでした♪

配置図がなくて、入って一瞬どこが自分のスペースかってちょっと迷ったけど、すぐに主催者さんが教えてくれたので分かったし。
カタログも「あ、なんか頑張ったんだな〜」とゆう感じで、読めるから苦にはならなかったですかね。
表紙の紙が硬くて厚めで、見本誌置き場で気に入った本のサークルさんをチェックするときに、ちょい開きにくいかなって思ったくらい。

他の参加者さんの日記とか読ませてもらって「えっ、そんなにだめだったん??」って思ったりして、周りとのギャップが…。
とゆうか、不満の声っておっきく聞こえてきがちなので、そうゆうのばっかり見えちゃったのかも?

熊はなんにも考えてないのんびり屋さんなので、本の杜に関しては全然ストレスになるようなことなかったです。
逆に、どんなに良くできたイベントでも、スタッフさんの傲慢さとかが垣間見えるようなイベントのほうが、熊にとってはストレスになるので、ほかのひととは感じかたがちょっと違うのかもしれませぬ。


とにもかくにも、本の杜では、本を手に取ってもらえたり、話しかけてもらえたり、知らないひとにもたくさん買ってもらえたり、たくさん本を買ったりして、大変充実した一日を過ごせたのでした。

えへらえへら。


***
本の杜が規模の小さいイベントだからか、終了後についったでちらほら、イベントの集客についての議論が重ねられていて、みなさんえらいなあと思いましたー。

でね、熊はあたまよわい感じなので、そんな大それたことなんて考えられなくて。
なんとなく思ったのですけれども、みなさんのお話ししているイベント側としての「イベントの集客」って、ひとりの参加者としては、考えるの、荷が重すぎるなって。


えっと、たとえばたとえば、今回、宝来文庫さんのブログのお友達さんが、熊の本をご購入して下さったのです。とっても嬉しかったのです。
お話を伺うと、本の即売会にはいらっしゃるのが初めてとのことでした。
本の即売会はご存じないけれど、宝来文庫さんが出展されているから、こんな台風の中、足を運んでくださったのですよね。

それってそれって、イベントの集客の原点ではないでしょうか。
人を呼ぶのはやっぱり、人だと思うのです。

「お友達が・お知り合いが・ネットで気になる人が・家族が…出ているから、ちょっと見に行ってみようかな」

そうして足を運んでくれたひとが、他の本も覗いてみたりして、気にいる本があったりすると、もしかしたらまた次もきてくれるかもしれない。


たとえば先月のコミティアでは、たまたま通りすがった美人なお姉さんが熊のスペースを見てくれました。
そのお姉さんはコミティアに来るのが初めてで、その日は家族が出展しているから、ついてきたのだそうです。
本を買うつもりはあまりなかったらしいのですが、
「初めて来たんですけど、こんな可愛い本が売ってるんですね!!」
と言って、「ねこのはなし」を2冊も購入してくれました。
ひとしきり、野良猫の話で盛り上がったりして。


それは、イベント側に立ってみたらほんの小さな出来事かもしれないけれど、そんな小さな出来事も、参加サークルの数だけ、可能性があるのです。
参加サークルの数だけ、そのお知り合いが足を運んでくれるかもしれない。
その足を運んでくれたひとが、他のサークルさんの本を気に入るかもしれない。
気に入る本がいくつかあったら、そのひとがまた、来てくれるかもしれない。
そのひとがお友達を呼んでくれるかもしれない。
もしかしたらそのひとが、新しいサークルさんになるかもしれない。


そうやってイベントって、少しずつ大きくなってゆくのかなって、思うのです。


なので、イベント内で大きな企画をしようとか、有名人を呼ぼうとか、イベントの特性を考えようとか、そうゆうおっきなことは、皆様におまかせしてですね。

熊は、熊のできることをがんばりたいなって思います。
それはなにかとゆうと、魅力的な本を作ることです。

「このひとの本、見に行きたいな」って思われるような。
他のサークルさんを見に来たひとが、ちょっと気になるような。
「おもしろい本みつけたんだ」ってお友達に話してくれるような。
「こんな本つくってみたい」って思われるような。

そんな本を作ってゆけたらいいなって、ふんわりと、思ったりしました。


ちなみに、熊の思う「魅力的な本」とは…。
好きなものを好きなように好きなだけ詰め込んだ本であります!!

同人誌ですもの、好きなものを思いっきり作りたいですし、
そのひとの「好き」とか「楽しい」が込められた本って、本当に魅力的なのですよね。


だからまあ、熊は今まで通り、好きなことを好きなように好きなだけやりますです。
結局はなんにも変わりなしなのです。

変わらない宣言をするために、なんか長々書いちゃったのでした。


じゃあまたね!

たまにはイベント前に告知をするのです。(本の杜4に出るます)

こんばんはー!

こんどの日曜日に、本の杜ってゆう文章オンリーイベントにでるのです。
でで、めずらしく、熊はイベントで新刊を出しません!!

ベベベ別に本の杜が嫌いとかなんじゃないんだからねっ!
ちょっとなんか・・・おしごと忙しかったのですよう。

なんだか毎日深夜直前までお仕事して、休日出勤もしたりしてさー。
まじでなんにもできなかった。
なんにも考えられなかった。

……とゆうことで、めずらしく! イベント前に余裕があるのですね。
あっ。そのちょうお忙しいお仕事は、つい数日前にやり終えたのでしたっ。

だから、いつもは宣伝とかお知らせとかしてる暇なんてないんじゃー!!
って感じで、ひっそりイベントの片隅で肩をふるわせながら「へ…へへ…」ってなって参加してる熊ですけれども、ブログの更新なんてしてみようかなと。
イベント告知なんてしてみようかなと。

思ったのですね!!!


はい、前置きながいね!!
どうでもいい話だったね!!
早く本題入ろうよね。


***

本の杜4
日にち:9月15日(日)
時間 :11:00〜15:30
場所 :大田区産業プラザPiO(JR蒲田駅から徒歩15分・京急蒲田駅から徒歩5分)

サークル:象印社
スペース:C-05,06


サークル参加が50スペースくらいのイベントなので、ゆったりのんびり見て回れます。
見本誌を読む休憩スペースもあるから、サークルをまわったあとは気になる本を座って読むこともできるよ☆

***
本の杜(たぶん)、象印社の初売りは、
「月の子—ふたご座星の乙女—」
「ねこのはなし」
「しろいつき」
あたりかな?

「しろいつき」は、このブログでも書いた「あいうえお作文」の豆本です。
ちっちゃいちっちゃい和綴じの本。

小説初売りは、ほかのふたつ。


「月の子—ふたご座星の乙女—(第2版)」
(文庫判・76ページ・フルカラー・電子書籍配信(おまけ)付き・400円)
つきのこ2版表紙

ふたつの星に降ろされた、魔女と呼ばれる双子の女の子と、それぞれの星の行く末を描いた短編小説。
メルヘンとSFがほんのりまざった、ファンタジー小説。

前後編で、それぞれの星を語る2作を収録。
「滅びの星の魔女」
「星が終わる日」


***

第一版に大幅な加筆修正をした第二版です。
今年の8月、コミティアでの新刊なのです。

第一版と物語はおんなじですが、深く語られなかった展開が第二版では語られたりしている、熊にしては親切設計なので、第一版のお持ちの方にも読んでもらいたいなって思ったりしています。

でも、第一版も持ってるのに、第二版まで買うってどうなの? そこまでファンじゃねーよ!! って思いますよね!

……そこで!

第二版は、紙の本に加えて、電子書籍にもしてみました。これです。

月の子 ーふたご座星の乙女ー (上巻)月の子 ーふたご座星の乙女ー (上巻)
(2013/09/07)
くまっこ

商品詳細を見る


でもって、上巻「滅びの星の魔女」を、期間限定の無料配布しています!!
本の杜に合わせて、14日(金)〜16日(月)夕方くらいまで、↑をクリックしてもらうと分かるのですが、金額が0円になっています。

電子書籍はKindle版なのですが、Kindleを持っていなくても、AndroidやiPhoneにKindleアプリを入れれば、読むことができるです。
Kindleは本の杜に出られる他の作家さま方も電子書籍を発表したりしているので、もしご存じなかったひとや、アプリ入れるのめんどいって思っていたひとも、この機会にさくっと入れてみてはいかがでしょうか〜。

で、本の杜前にお試し読みしてもらったりして、気に入ってくれたら、明日、紙の本を見に来てくれると嬉しいな♪
紙の本は400円だけど、遊び紙とかスピンとか扉紙とか、装丁にもこだわって作っていて、本好きの方には喜んでもらえるのではないかな〜って思っています。
紙の本を購入して下さった方には、電子書籍上下巻をセットで無料配信していたり、ご希望であればPDF版もお渡ししているとゆう優遇ぷりなので、ぜひぜひ覗いてみて下さいね☆

あっ、もちろん、文庫本まではいらないかもって方は、電子書籍版の下巻を読んでもらえます。
こちらは100円なので、お値段もお手軽ですよ。

月の子 ーふたご座星の乙女ー (下巻)月の子 ーふたご座星の乙女ー (下巻)
(2013/09/06)
くまっこ

商品詳細を見る



***
月の子の紹介長くなっちゃったけど、続いて「猫作品集」のご紹介です!

「ねこのはなし」
(文庫判・76ページ・本文フルカラー・カバー付き・500円)
ねこのはなし表紙

猫小説と野良猫写真と猫エッセイを詰め込んだ、猫づくしの1冊。

豆本「ねこのほん」に載せていた掌編小説と、書き下ろしの短編小説をメインに、写真や小話など、好き勝手に並べています。

「ねこのはなし」はHappy Readingさんでお試し読みできるので、ぜひ見に行ってみて下さいね☆
↓からPDFをダウンロードすると、猫写真もちらっと見られますー!

ねこのはなし立ち読み

ねこのはなしサンプル5

ねこのはなしサンプル1


***
このほか、既刊も豆本もいつもどおり持ってゆくので、ぜひぜひ覗きにきて下さいねー!!

小説本の既刊はこんな感じだよ☆
リンクがあるのは、リンク先でお試し読みができる本です!
気になる本がもしあったら、チェックして下さいね〜。

モフモフのひつじの毛から おさとうの国のお姫さまへ」(残部少・在庫限りで絶版)
クマとカレーとお姫さま」(残部少・在庫限りで絶版)
「怪獣散歩」(残部少)
ソラ」(鳥久保咲人さん・永瀬月臣さんとの企画本)(残部少)
書架にねむる。」(図書館・図書室アンソロジー)(残部少)


***
よく見たら、全部残部少だっ!!
お買い求めはお早めに・・・。

ちなみに、今回は時間に余裕があったために、いつもはお知り合いにしかお配りしていないのですが、おまけにおやつ詰め合わせをご用意しました♪

本をご購入のかた先着で、お菓子もお配りしますん♪
おやつ詰め合わせ


お菓子なんかもらっても邪魔!! …とゆうひとは、華麗にお断りしてね!


***
ではでは、みなさま、よろしくおねがいいたしますん。

ここまで長々読んでもらって、ありがとうございましたー(ぺこりん)

Appendix

くまっこにっき?

ここは前まで「クマザサ秘密通路」っていうブログだったんだけど、くまっこちゃんが乗っ取りました!
なので、くまっこが日々の恥ずかしいあれやこれやどれやをちまちま載せていく日記になったんだ。
物語とかイラストとか日記とかケーキとか載せていくから、仲良くしてね。

熊についてだよ。

くまっこ

Author:くまっこ
イラストレーターと見せかけて、ただのラクガキ熊。
楽譜の裏と100円ボールペンがお仕事道具。
72色入り298円のクレヨンが宝物。
(よく数えてみたら71色しかなかった。※同じ色が2本入ってた)

くまっこあるばむ。

いまこんなかんじ。

ついったなう。

お手紙ほしいよ!

名前:
メール:
件名:
本文:

ちがうところ。

こんなの聴いてる。

来てくれてありがと。

見てくれてありがと。

現在の閲覧者数:

ブログの中を検索!

友達になれるみたい。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。