Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空想のまちアンソロジー「ぼくたちのみたそらはきっとつながっている」

文学フリマと北海道コミティアが明日なので、既刊アンソロジーの宣伝するね。
作ったときのブログ記事もあるけど、今回はそれにプラスして、ご感想とかいただいているものをまとめますねっ。へへへ。

もうひとつのアンソロジー「方位・羅針盤アンソロジー:廻る針の一夕語り」については特設サイトみてくださいね♪


***
——ひとつの世界観を共有したシェアワールドで、14名の作家がそれぞれに思い描く“空想のまち”を物語にしました——

空想のまちアンソロジー表紙

◆ お試し読み:見本誌のページ
◆ サイズ:B6判 ページ数:260ページ (ブックケース・しおり付き)
◆ おねだん:1200円
◆ 14作品収録( )内は作者さんのコメント記事につながってます♪
  ・楢の薫り、楓の音/まりも春のお知らせ各種
  ・蛍町の祭日/青波零也蛍と夜のまちのおはなしについて
  ・箪笥町/南野風文太
  ・砂町/マンノン
  ・本の町の見習い司書さん/なな本の杜7 情報
  ・始まりを見に行こう/巫夏希
  ・いつか、かえる/世津路章【告知】 本の杜7 こんぽた。参加情報!
  ・DeepWater/久地加夜子
  ・星は叶えてくれない/青山凪紗
  ・旅の始まり/猫春
  ・町長選挙/わたりさえこあとまえ(27) 「町長選挙」
  ・刻刻と/日野裕太郎
  ・幡町/宇佐卯楽々『ぼくたちのみたそらはきっとつながっている』のこと
  ・世界地図/くまっこ

※コメントは、探せたものをリンクしました。春に行われた本の杜での新刊でしたので、そのお知らせ記事の中に書いていただいたりもしてます。ここにも書いてあるよって参加者さまは、こっそりURLを教えてください!!


◆ご感想をいただいています♪
空想のまちアンソロジー☆感想祭り!!(まりもさま)
【感想】空想のまちアンソロジー『ぼくたちのみたそらはきっとつながっている』を読んで(世津路章さま)
空想のまちアンソロジー『ぼくたちのみたそらはきっとつながっている』を読みました(ななさま)
20150504文学フリマ感想(sunny_mさま)

※ほかにももし、ここにも書いてあるよって記事がありましたら、ぜひ教えてくださいね!


◆ お買い求めは明日11/23の文学フリマと北海道コミティアにてにて。
文学フリマ東京 → サークル:象印社 スペース:D-11〜12
北海道コミティア → サークル:象印社 スペース:Z39(委託)
・通販はこちら → 架空ストア商品ページ


◆ 関連ツイートをまとめました
  主に写真付きのものです。本の写真、自分でうまく撮れないので、コレクションさせてください!





スポンサーサイト

きどうしゅうせいをたまにしてみてるってはなし。

わあっ。全然更新してなかった…!
めちゃブログに広告でてるから、ふと思ったことをつぶやいて更新っ。

コミティアはもう終わっちゃったし、文学フリマも北海道コミティアも直前だけど全然宣伝記事じゃないとか!


***
なんとなく、自分の創作活動で、自分の気持ちとの違和感を感じたときに、こうしようっておもってることを書くです。書き散らすです。

それはね。
ものを作っているとこで、どんなできごとに「嬉しい」って気持ちになったかを、振り返ってみるとゆうこと。

イベントとか、ネット上とか、創作してるひとたちとのお食事会とか。
いろんなところで、いろんなことがあったり言葉をもらったりしたときに、嬉しかったことって何かなって思い返してみるんだー。

自分の感情との違和感を感じたり、苦しいなって思うときは、その方向がほんの少しずれていたり、自分の成長よりも行動の方が進み過ぎちゃっているときなんだって、なんとなく思っていて。

いつだって熊の視界に入るのは、まわりのひとたちで、自分を見ることって意識しなくちゃできなくて、その意識を手放してしまうと、いつの間にかどこかに流されちゃって、正しいって思ってることなのに、自分を苦しめてしまったりすることがあるのだ。

だから、自分の「嬉しい」って気持ちになれること、してるかな? ずれてたりしてないかな? ってたまーに、立ち止まって観察してみるです。


だって熊は、自分の「嬉しい」のために、創作してるからさ。



***
とゆうわけで。
くるしいとかいま思ってはいないけど、たまにはちゃんと、嬉しいことを思い出しておこー。
イベントレポも全然書いてないからねっ。


*最近(?)のイベントで嬉しかったことちょびっと抜き出し

・以前個人誌を買ってくださった方が、また別の本を買いに来てくれたこと
・「お友達のお使いで」と、新刊を買いに来てもらえたこと
・ポスターとお品書きをじっくり見てもらえたこと。そこからご新規さんに購入してもらえたこと
・ディスプレイを褒められたこと、ディスプレイを工夫したら本の売上げがすごくUPしたこと
・空想のまちアンソロジーができあがって、きちんと並べられたこと
・アンソロジーの装幀が褒められたこと。組版が読みやすいと言われたこと
・アンソロジー参加者さんに「アンソロジーから作品を知られて個人誌を買ってもらえた」とお礼を言われたこと
・委託参加のときに、直接参加と変わらないくらい本を手にとってもらえたこと


***
もっともっとたくさんあるけど、とりまこんなかんじで!
みんなやさしいんだよね。
イベントのたびにこんなに嬉しいことがたくさんあるって、しあわせものだねっ。


じゃあじゃあ、このできごとたちの、なにがそんなに嬉しかったんだろうって、考えてみる。
嬉しいの原因究明ってやつだ。


・本が出来上がって、並べられたことがまず嬉しい
  → 自分の作品を、本という形に作り上げられたこと
  → アンソロジーに寄稿された素敵な作品群を、本におさめて紹介できること


・熊の書いた物語が、誰かの心に届いたのが嬉しい
  → 特別な言葉がなくても、また足を運んで、別の本や新刊を買いに来てくれるとゆうことが、それだけで感想として響いてくるです!
    (何度か来てくださっている方はなんとなくお顔を覚えているです)


・アンソロジーに参加してくれた方に「参加して良かった」って思ってもらえたのが嬉しい
  → 書くひとにも読むひとにもみんなに嬉しいって思ってもらえる本を作りたいの



***

思い返してみて、じゃあそのために、何をすればいいのかな、今やっていることで、そこにちゃんとつながってるものってあるかな、って、自分で考えてみる。

…のは、心のなかでやるね!


熊はあたまよくないけど、たまにこうゆうふうに考えたり考えたり考えたりして「嬉しい」を整理すると、次はどんなことしよっかな、とか、これはもっとこうしようかな、とか、楽しくできるのです。
もちろんもちろん、できないこともすっごくすっごくたくさんあるけど(てゆか、できないことだらけだけど!)、できる範囲でがんばって、がんばったことがちょびっとでも次の「嬉しい」につながったら、自分をほめまくるのーだー!


***
とゆう精神で、これからもはげんでまいります。
象印社と熊を、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ちなみに、11/23の文学フリマ東京は、
・サークル「象印社」
・スペース「D-11~12」(1階)
でお待ちしております…!!

北海道コミティアも委託参加してるよ!


(宣伝、とは・・・)



***
あっそうそう、この記事を書いていて思い出したんだけど、たまにこうして軌道修正するってゆうのの、はじまりになったお話は追記でするね。

追記を表示

Appendix

くまっこにっき?

ここは前まで「クマザサ秘密通路」っていうブログだったんだけど、くまっこちゃんが乗っ取りました!
なので、くまっこが日々の恥ずかしいあれやこれやどれやをちまちま載せていく日記になったんだ。
物語とかイラストとか日記とかケーキとか載せていくから、仲良くしてね。

熊についてだよ。

くまっこ

Author:くまっこ
イラストレーターと見せかけて、ただのラクガキ熊。
楽譜の裏と100円ボールペンがお仕事道具。
72色入り298円のクレヨンが宝物。
(よく数えてみたら71色しかなかった。※同じ色が2本入ってた)

くまっこあるばむ。

いまこんなかんじ。

ついったなう。

お手紙ほしいよ!

名前:
メール:
件名:
本文:

ちがうところ。

こんなの聴いてる。

来てくれてありがと。

見てくれてありがと。

現在の閲覧者数:

ブログの中を検索!

友達になれるみたい。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。