Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kumazasa.blog98.fc2.com/tb.php/151-87d703a2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『水に咲く花』読みおわり。

6月の文学フリマで手に入れた本をちまちま読んでいるよ。
あんまりまとまった時間が取れないので、読書は平日のお仕事に行く時の電車の中!
乗車時間は10分!

そんななか、日野裕太郎さんの新作「水に咲く花」を読み終わりまちた。

満員電車で読むのは文庫サイズがやっぱり読みやすいのです。



水に咲く花
水に咲く花
(2011/06/12)
日野 裕太郎

商品詳細を見る



感想を簡単に書いたので、良かったら追記から見てみてね☆
ネタバレになるほどのことは書いてないと思うけど、読む前にそうゆう情報聞きたくない! ってひとは、アマゾンで売ってるから、↑の商品リンクからポチりするといいよ!!


***
日野さんは現代、ファンタジー、ホラーなどなどいろんなお話しを書く方で、どのお話しもすごく魅力的なんだけど、この本の世界観は、熊がすごく好きな感じでした。


やわらかくて神秘的で残酷な世界と、その世界の中からそれを見たままに淡々と語る主人公。
そしてその主人公の、ほんの少しずつ変化してゆく心が流れるように描かれています。


言葉をうまく重ねているからかな? さらっと読める文章なのに、ひとつひとつの単語に、不思議と重みを感じるお話しでした。

客観的に見てしまえば、主人公の抱えているものはそれほど大きなものではなく(やってしまったことはおっきいことかもだけど)、けれども、主人公の主観的な物の見方がひとつひとつのことを重くしていて、そうゆうことって本を離れた現実世界での人間にも本当に良くあることで、ファンタジーのお話しだし現実の自分にはきっとあり得ない状況だと思うのに他人事にどうしても思えなくて、リアルに人間性を感じてぞわわとしましたです。

きっと主人公のやったことを物理的にはしたことがなくても、物理的には似ても似つかなくても、同じような状況になったことがみんなあると思う。
だから心の底から主人公を責めることができなくて、理性では“こうしなきゃだめだよ?”って思っても、つい彼を見守ってしまうのだなあ。


なんか分かりにくい感想かもしれないけど、本を読むと理解してもらえるんじゃないかなあ。
多分みんな熊の感想に「うんうん」って言ってくれると思うなー。
思わなかったらごめん。


***
あとあと、ハルノブさんが手がけた表紙もとてもよいです。
イラストは美麗ですし、タイトルロゴがまたステキなんですよね☆


***
そんなこんなで、この本を欲しくなったひとはポチリするといいよ!!
日野さんのサイト内ブログに簡単なあらすじも載っているので、買うか迷ったひとは参考にするといいよ。


***
日野さんの本は他にもたくさん読んでるから、ちまちま感想を載せられたらいいな♪

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kumazasa.blog98.fc2.com/tb.php/151-87d703a2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

くまっこにっき?

ここは前まで「クマザサ秘密通路」っていうブログだったんだけど、くまっこちゃんが乗っ取りました!
なので、くまっこが日々の恥ずかしいあれやこれやどれやをちまちま載せていく日記になったんだ。
物語とかイラストとか日記とかケーキとか載せていくから、仲良くしてね。

熊についてだよ。

くまっこ

Author:くまっこ
イラストレーターと見せかけて、ただのラクガキ熊。
楽譜の裏と100円ボールペンがお仕事道具。
72色入り298円のクレヨンが宝物。
(よく数えてみたら71色しかなかった。※同じ色が2本入ってた)

くまっこあるばむ。

いまこんなかんじ。

ついったなう。

お手紙ほしいよ!

名前:
メール:
件名:
本文:

ちがうところ。

こんなの聴いてる。

来てくれてありがと。

見てくれてありがと。

現在の閲覧者数:

ブログの中を検索!

友達になれるみたい。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。