Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kumazasa.blog98.fc2.com/tb.php/172-4f0565fd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

文章メモまとめ。2013年2月〜2013年9月

タトホンとコミティアにむけて、なにか作れたらいいなとゆう希望的に、ついったでメモってる文章メモと夢メモをまとめてみるのです。


***

 ぼくのまちには、妖怪がいる。
 小学2年生のときに都会のアパートから郊外の一軒家に引っ越してきたぼくは、喘息持ちで体育の授業を休みがちのひ弱な子供だった。
 家は古びた木造の平屋で、母が夜の仕事で稼いだ貯金で買ったものだ。
 このまちは都会に比べれば空気がきれいで、医療支援が充実していて、母が、ぼくの療養のためにここを選んだことは明らかだった。
「もう若くないからね」
 そう言って当時まだ30前だった母は小高い丘の上にある大きな病院の食堂で働きはじめたけれど、本当は都会で小さなお店を持つのが夢で、そのためにお金を貯めていたことを、ぼくは知っていた。

 ぼくが妖怪を見つけたのは、引っ越してきてすぐのことだった。
 家の引き渡しも終わって誰もいないはずの家の中に、かわいいおかっぱ頭の女の子が佇んでいたのだ。女の子はにこにこと・・・


※妖怪のお話しを書きたい。でもたぶん、妖怪というよりは妖(あやかし)のお話しになりそうな。


**


 わたしはまだ、竜の歌を歌った頃のまま涙を枯らせないでいる。
 あの空き地に夕日は3日分しか置いておけないのに、また日が暮れてしまう。
 ボールの様な白い夕日がまた一つ、気づかぬうちに消えてしまう。
 草の陰から、黒いお化けが黒い牙を剥いている。
 さあ川に飛び込めとその暗闇は言うのだ。


 黒いお化けは羽がないから空に還れないと言う。
 暗闇の羽を毟ったのは天使だ。だから草の影に宿っている。
 夕日を捨てに行くのも暗闇の仕事で、わたしは小さな頃からこのお化けを知っていた。
 暗闇は天には還れない。天使にはなれない。
 それはもう決められていることで。決められていることで。


※なぜか二日にわたって書いてあったメモ。


**

 白のシャツと黒のシャツを一緒に洗ったらシロクロの猫が出てきた。
 灰色猫にならなくてしょんぼりした。
 シロクロの眼は青くてそれは柔軟剤の色だ。
 乾燥機に入れたらフカフカになりすぎて風にふかれて黒い空に溶けていった。
 すこしだけ悲しかった。
 洗濯機に注がれる水の音が宵闇に響いている。


**

 縦縞の猫を探す女の子のおはなし。


***
ここからは夢メモ。見た夢をたまにメモっているです。


**

 自慢のイケメン兄(実在ではない)が、実は上級生のパシリでしかもその上級生がゲイで、毎日お別れのチューをされててノーマルの兄が泣きそうな顔をしつつ、されるがままになっているのを偶然見てしまった妹(わたし)。


**

 夢のなかの空がゴオオンゴウウンと音をたてて赤紫色に染まり晴天から暴風雨の嵐。
 濁流のみずたまりを這うように越えた思い出の家で彼は部屋を片付け続ける。
「引っ越すの?」
「そうだよ。」
「一緒に眠りたい。」
「人として僕は君を嵐の夜に晒さないけれど、この部屋には一歩も入らないでくれ。」
「うんごめんね…。」


※好きなひとの夢だった。とても正直なひとなのでその言葉はまっすぐに突き刺さるのです。

**

 眼球の手術を受ける。子供のころ負った傷を取り除くのだという。
 傷は右目だけについているはずなのに両目とも。
 瞼にだけ麻酔をされて、メスで二重に切られる。
 この国では、眼球には住所を刻むことになっている。
 眼球には麻酔してないけど、痛くないからねと言われる。

 眼球にレーザーで住所を刻む。
 痛くはないけれど、チリチリ、ピリピリと疼く感じがする。
「あっ、先生、私そういえば引っ越すんです!  新しい住所を刻んでもらわないと…」
「もう途中まで入れちゃったよ」
「まだ間に合いますか?」
「新しい住所は?」
「確認できないのでうろ覚えですが…」

 眼球の手術を終える。
 ついでに赤い宝石でできた複眼を入れてもらった。
 早朝の手術。このまま会社に行ってもいいらしい。
 視力が少しずつ回復して辺りがあかるく見える。
 二重瞼はまだぱっちりとしていない。

 引きこもりの弟に会う。てむずさんに似てる。
 今回の手術は、弟が手配してくれたらしい。
 弟は、あまり言葉を発しないのに、カリスマ的な魅力があって人気者。
 聞くと、相手に心を伝えることができるから、言葉はいらないと言う。
「お姉ちゃんにもできるよ。やり方を忘れてしまっているだけ」
 額をコツンとぶつけあうと、弟の言葉が頭に流れ込んできて、わたしは心を奪われる。

 母親が病気と知らされる。
 治療をすると、70%くらいのひとが治ると言われて、よいのかわるいのか複雑な気分。
 かなしい。
 それを本人に話すかみんなで悩む。


※現実世界では弟はいません、よ。
 右目に傷があるのはほんとう。
 子供の頃は右目だけ視力がわるかったけど、いまは両方とも同じくらいに落ちてます。


**

 私は魚と一緒に暮らしている。
 部屋は水に満たされている。
 一緒に暮らしてた魚は、一部が擬人化していて、大半の小魚たちはそのままの姿で部屋のなかを泳いでいた。
 仲良しだったのはカジキマグロさんとタコさん、名前もわからない魚さん。
 最後は海に帰ることになって、わたしは、またぼっちになるのは嫌だよと思いながら「しかたないね」と送り出す。
 名残惜しくてなかなか出て行かない魚たち。
 カジキマグロが「誰も行かないなら俺が先に行く」と、カジキマグロの姿に戻って海に帰っていった。
 明るい満月の海。
 朝まで時間はあるし…と、タコと名前を知らない魚は最後までいてくれようとする。
 小魚たちは、潮が大きく引くのと同時に、海に出てゆく。


**

 2階くらいの高さから、父親がわたしの元に楽しそうに冗談のように飛び降りてきて、嫌な音がして頭から血が流れて、わたしは救急車を呼ぶけれど近くの救急車が全部出払っていて時間がかかると電話口で言われて「お願いします!死んでほしくないんです!」って救急車が早く来るのを願ってる。


**

 16才くらいの女の子が二人、続き間の部屋で客を迎える準備をしている。
 客は50代以上の男性が大勢。団体で2回に分けて「視察」に来る。
 女の子はそれぞれ「お世話」をしなくちゃいけない。失敗しないように、慎重に。
 客は「先生」と呼ばれる館の主人(どうやら医者らしい)に会いにくる。

 館を「視察」する客は、本当は女の子たちを視察している。
 気に入れば女の子は買われるのかもしれない。
 客をおもてなしする6人くらいの「おばさん」たちが、今回の客について品定めしている。
 下品なおしゃべり。
 女の子二人は、おばさんに目をつけられないように、黙々と働く。

 女の子のひとりが、客に毒を盛っていた。遅効性の毒を少量ずつ。
 「先生」に気付かれないように、慎重に。
 おばさんたちに「どんくさいわね!」と言われて、気付かれていないかドキリとする。
 大丈夫みたいだ。
 小さな鍵が床に落ちている。視察が終わって客が帰る。おばさんたちはまた客の陰口。

 明るい実をつける植物を、女の子は大切に育てている。
 それは大切な女の子の植物なのに、いつの間にか明るい実は、電球にすり替えられていた。
 丁寧に一つ一つの実に水をあげる女の子。
 でもそれは電球で、いぶかしく思うけど植物と信じていたくて。
 でもその植物に女の子は手を触れてしまう。
 触るとそれはとても熱かった。悲しかった。

 館の「電気」が少しずつ消えていく。
 ひとつずつ、静かに消えていく。
 外から入る月明かりと、小さな電球の明かりだけになって、気付くと「先生」が倒れていた。
 少しだけ動けるようだけど言葉は発しない。
 女の子は先生にも毒を盛っていたのかもしれない。
 おばさんたちは倒れた先生を見て、「いやだわ、いきましょ」と言い合って、連れ立って館を出てゆく。
 もうひとりの女の子が「早くわたしたちも逃げましょう」と女の子に言う。
 女の子は「鍵がないの、大切な鍵」と言って、薄暗がりを手探りで探している。
 もうひとりの子が落ちていた鍵を拾う。
「鍵ってこれ?」
 女の子に差し出すと
「違う。わっかのついた鍵。それはもう必要ない」
 と言って、間つづきの隣の部屋に探しにいく。
 拾った鍵は足枷の鍵だった。
 たしかにもう足枷は外れていた。
 もうひとりの子は、早く出て行かなきゃと焦って「わっかのついた鍵」を手探りで探す。

 もうひとりの子が「わっかのついた鍵」を見つけて、女の子に「あったよ!」と近づく。
 女の子は椅子にのぼって背伸びしてカーテンレールの上を探していた。
「これでしょ! この鍵でしょ! もう行こう? ねえ、あやちゃん! あやちゃん!」
 女の子に必死に呼びかける。暗がりの館はとても怖かった。
「あった!」
 女の子もカーテンレールの上にわっかのついた鍵を見つけた。
 椅子からおりて、鍵を見せあう。
「あったね」
「あったね」
 二人で喜ぶ。
「じゃあ早く行こ?」
 もうひとりの子はすごく焦っていた。
 おばさんたちが館に火をつけるかもしれない。なぜかそう思った。
 二人は一緒に駆け出した。


**

 鶏夫婦に襲われる夢をみた。
 鶏夫婦は、足が早かった。
 鶏夫は、フクロウを従えていた。
 フクロウがたくさん向かってきて、フワフワだった。
 よく見たら雛がいた。
 家族を守っていたらしい。


***

 こんな感じで、毎日夢を見ています。
 毎日はメモっていないけど、たまに気が向いたらメモっています。よ。


***

 そゆえば、先日のイベントレポートに、拍手コメントをたくさんいただきましたのです。
 うれしいです。
 まとめてコメントのお返しをしたいので、ちょっと待っていて下さいませー。
 たぶんブログ記事で、お返事しますです。


0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kumazasa.blog98.fc2.com/tb.php/172-4f0565fd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

くまっこにっき?

ここは前まで「クマザサ秘密通路」っていうブログだったんだけど、くまっこちゃんが乗っ取りました!
なので、くまっこが日々の恥ずかしいあれやこれやどれやをちまちま載せていく日記になったんだ。
物語とかイラストとか日記とかケーキとか載せていくから、仲良くしてね。

熊についてだよ。

くまっこ

Author:くまっこ
イラストレーターと見せかけて、ただのラクガキ熊。
楽譜の裏と100円ボールペンがお仕事道具。
72色入り298円のクレヨンが宝物。
(よく数えてみたら71色しかなかった。※同じ色が2本入ってた)

くまっこあるばむ。

いまこんなかんじ。

ついったなう。

お手紙ほしいよ!

名前:
メール:
件名:
本文:

ちがうところ。

こんなの聴いてる。

来てくれてありがと。

見てくれてありがと。

現在の閲覧者数:

ブログの中を検索!

友達になれるみたい。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。